誕生日などにはプリザーブドフラワーをプレゼント

  • プリザーブドフラワーはアレンジにしやすさがポイント

    • 誕生日や何かの記念日に花を贈る事は一般的になっていますが、最近では生花の代わりにプリザーブドフラワーが贈られる事が増えています。

      @niftyニュース情報を集めました。

      これは生花よりもプリザーブドフラワーの方が現代にマッチした贈り物になっている事が理由で、特にアレンジのしやすさが最大のポイントになっています。
      例えば生花の場合は花束で贈る事しかできませんが、プリザーブドフラワーの場合は花束以外にもぬいぐるみや時計などにアレンジできるようになっています。



      なので、贈る相手の好みに合わせたアレンジで花を贈る事が可能になります。


      例えば犬や猫などの動物が好きな方に贈るのであれば、フォトフレームにプリザーブドフラワーをアレンジして中に動物の写真を入れたりすれば喜ばれる可能性は高くなると言えます。


      また近年ではアレルギー体質の方が増えていますので、花粉が出ないプリザーブドフラワーはその様な意味でも現代に適した贈り物になっています。

      なお、この花粉が出ないと言う特徴は入院している方のお見舞いにも適しているポイントになっています。



      最近では病院側で生花を禁止していたりしますので、せっかくお見舞いに行ったのに花を渡せなかったと言うケースも増加傾向にあります。この場合は花粉や虫などが問題になっていますので、その様な問題がクリアされている事は入院している方へのお見舞いなどにも使えると言う事になります。

      ただし鉢植えなどにしてしまう事はマナー違反とされていますので、他の物にする必要があります。

top